DISCOGRAPHY

2017年08月03日

路上 ON THE ROAD

新しい曲がリリースされた。
ブログタイトルにある「路上 ON THE ROAD」。
去年9月から半年かけて行ったワンマンツアーの最中に、皆さんから頂いたアイデアを紡いで、真っさらな曲が出来た。

後半からリズムを変えてシャッフルになるのはスチョリのアイデアを拝借した。

レコーディング当日、アルケミーに入る前に2時間練習スタジオに入り、バンドで初めてこの曲を合わせた。

最後にスタジオに入った僕が、バンジョーとアコースティックギターしか持ってないのにメンバーが驚いていた。テレキャスは?言うてた。

2時間の練習が終わる頃に、こなれて来たメンバーが、シャッフルの部分が長いから半分にしようとか言い出したけど、前半部分を忘れるくらいの尺が欲しいし、どっちの歌詞も捨てられないので、我を通した。

音の始まりと、フェイドアウトの長さにこだわった。リピート再生した時に、間が空きすぎないように、繋がっているように、聴いてもらいたいから。
このこだわりも、メンバーはあんまり興味を持ってなかったと思う。

最後のサビのコーラスで前半の歌詞を持って来たのも同じ意図で、一度聴いたらなかなか抜け出せないリピート地獄にハマってもらいたかった。

アルケミーでのレコーディングは、歌パートとバンジョー以外は、いつも通り一発録り。

実際には3テイクくらい完走させた時点で、決めのフレーズを追加して確認し、新たにやり直して、2テイク目でOKやった。

みんな、すごい良い演奏やった。

ドラムは東京からマイセットを持参しただけあって、良い音!タムはカーンと高音が効いてて、これまでにない音やけど、曲の場面転換を告げる役割を果たしている。そして、何より、ラリーパパ特有のリズム、タイム感は辻の功績が大きい。

ベースもいつの間にか腕を上げていた。前日まで東京のおじさんを訪ねてます〜いう能天気な写真を、アレンジを詰めているLINEに貼り付けたりしてくる空気読めない男。参考音源聴いてイメトレしときまーす、と、まるで超一流な口ぶり。当日しょーもない演奏してみぃ、しばき倒したるからな!と心の中で用意していたが…うまいやないか。何なんやろ、こいつは。曲のジャンルはベースで決まると常々思っているんやけど、トムは今回、見事に役割を果たしてくれた。
とくに後半のブルーズパターンでは、辻と見事なシャッフルをやっている。
おみそれいたしやした。

ガンホのワウギターは、マネージャーの柳本がツイッターに書いていた通り、前日にはじめて聴かされて、予想外やけどハマる!とみんなが思ったはず。本番では汽車のいななきのような、ドップラー効果のような響きや、ファンキーなカッティング、ガンホ節炸裂のブルーズプレイを吹き込んでくれた。それらも良かったけど、これまでにない一面を見せてくれたのが、歌の合間の決めフレーズが非常にキャッチーである点。おみそれいたしやした。

スチョリは始終、無駄のないプレイを。コーラスなんか、割りとフニャっと歌うので、大丈夫かな?思うんやけど、重ねてみたらあら不思議。安定感あるからビックリする。職人の域やね。
ブルーズパートでは、ライブで弾きながら歌うことをそっちのけで、ガンホと競い合ってるのが聴きどころ。

僕は、すべてにおいて手応えを感じている。想像してた以上のモノができた。(バンジョーは弾けると言うのが憚られる腕前やから、もっと修行せなあかんけど)
僕らじゃない誰かが、こんな曲を発表したら、めちゃくちゃ悔しい気分になると思う。
「路上」は、聴いた直後、どえらいもん聴いた感覚だけ残って、前半のことを忘れてまた聴きたくなる。
もちろん、路上というタイトルは、ロジャーから。







master_bay at 16:55|PermalinkComments(0)

2008年01月17日

[Baby,You're my sun!]通販します!

82898f59.jpg

チョウ・ヒョンレ
CD single 「 Baby, You're my sun ! 」

定価\1,000(税込み) 品番 : YDCD-0127 レーベル:ドリームズヴィル
発売元:株式会社ユー・ディー 販売元:有限会社夢街名曲堂

父親から息子へ、誰もが共感できる本当のラブソング。
カントリー、フォークをベースに優しくて楽しい楽曲たち。

ラリーパパ&カーネギーママ解散後、チョウ・ヒョンレ正式リリース第1弾。
バンド時代から定評のあったアーシーでソウルフルなボーカルに加え、深みと優しさを加えた声。
ルーツミュージックを軸にしながらも、バンド時代より柔軟で、遊び心を加えたアレンジ。

これまでのファンも、新しいファンも、性別・世代を超えてご愛聴いただける名盤です。

<収録曲>
01.ベイビー/ Baby    5:25
02.祈り/ You're my sun 4:59

作詞・作曲:チョウ・ヒョンレ
   
パーソネル:
ベイビー / Baby
Hyeongrae Cho / vocal , acoustic guitar
Tomotaka Matsui / lap steel guitar
Takeo Toyama / piano
Yoichi Akamatsu / cavaquinho , congas
Kwan Yokoyama / bass
Bondo Tsuji / drums

みんなが待っている 君が産まれて来る日を
大きな悲しみも 吹き飛ばしてしまうニュースさ

目を開ければ そこにはママがいて
 やさしい眼差しを投げかけている
振り返れば そこにはパパがいて
 君の行く先を見守っている

見慣れたはずの町並みも やり過ごしていた時間も
今は違って感じれる 愛しさで溢れて

目を開ければ そこにはママがいて
 やさしい眼差しを投げかけている
振り返れば そこにはパパがいて
 君の行く先を見守っている

忘れないで 僕らは味方だよ
 いつでも君の いつまでも君の
忘れないで こんな気持ちを
迷ったときこそ 思いだして欲しい

みんなが待っている 
君が産まれて来る日を


祈り / You’re my sun !
Hyeongrae Cho / vocal , acoustic guitar
Yoshihiro Hanamura 〔 gadget 〕 / harmonica
Shinkuro Matsuura 〔 gadget 〕 / electric guitar
Takehiro Kinouchi 〔 gadget 〕 / conrabass
Takayuki Fukuhara 〔 gadgret 〕 / washboard

君の溢れる気持ち
高く詩う言葉を奪わないで

君の澄んだ瞳
失望の色で濁らせないで

暗い影は拭い去ろう
僕を優しく照らす君の笑顔
曇らないように

僕の腕に抱かれた
あたたかい君を奪わないで

僕をやさしく包む
あたたかい君を奪わないで

暗い影は拭い去ろう
僕を優しく照らす君の笑顔
曇らないように

君を守るために
僕は生まれてきたような気がする

僕が詩えば少しだけでも
世の中が優しくなれたらいいのに

君も詩えばきっと

みんな詩えば確かに

みんな詩えばきっと!


Kazunori Inujima / rec & mix engineering, mastering
Ryoji Enomoto / assistant engineer
Recorded at WANSK STUDIO 2007.8.28 OSAKA JAPAN


21世紀に誕生したロックバンドの中で最も好きだったラリーパパの解散は、私にとってもショックな出来事だった。その後のメンバーの活動に注目していたが、チョウ・ヒョンレの新しいシングルを聴いて、音楽的にも人間的にも味わいを増した姿にグッと来た。新しい命へ注がれる眼差しは、かぎりなく温かくやさしい。新しい音楽仲間たちとのセッション、それにドラムスの辻凡人やジャケット・デザイン(最高!)の水田十夢ら旧友たちのサポートも素晴らしい。そう遠くない将来、届けられるだろう初のソロ・アルバムに期待はふくらむばかりだ。 (長門芳郎)

通販の手順
1.citymusic_cho@yahoo.co.jp宛てで、件名に「Baby購入希望」と入れてメールをください。お名前、発送先、購入枚数などをご記入ください。
2.メールを確認しましたら、振込先、金額などを記載し、返信いたします。
3.指定された振込先にご入金ください。入金を知らせるメールをいただけますと、スムーズに発送できます。
4.ご入金確認後、発送いたします。
*送料、振込手数料はご負担ください。

コメントは寄せられたCDの感想を許可を得て転載させていただいております。


at 23:55|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年11月29日

『My Name Is...』iTunesリリース開始!

*ジャケット写真をクリックすると、iTunes Storeに移動できます
b1c3d03c.jpg
My Name Is... - Single
チョウ・ヒョンレ


「一人でできるかな?」と「ベイビー」がiTunes Storeから、リリースされました。
配信版は、特別にマスタリング済み音源をアップロードしました。
CDを買ってくださった方も、まだ買えてない方も、この機会に是非ダウンロードしてください!!
試聴もできますし!!
それと、レビューもどんどん書き込んでください!!

My Name Is... - Single
チョウ・ヒョンレ
リリース日: 2006/11/29
合計曲数: 2
ジャンル: ロック
(C) 2006 sunsethill


at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月06日

『MY NAME IS...』

曲目とセルフライナーノーツ

1.一人でできるかな?(Aギター、ボーカル)
 京都の拾得で歌ったライブテイクです。
 ギターはオベーションをDIで。テリーさん、ええ音で鳴らしてくれてます。
 ジャズボレコードの扉ページで試聴できるようになりました。

2.ベイビー(Aギター、アルトリコーダー×2、ボーカル)
 完全に自宅で録りました。
 ギターは生オベーションをマイクで。2本入ってるアルトリコーダーに苦労しました。実家から持ってきてたアルトリコーダー(中学生の時に強制的に買わされ吹いてたやつ)は、長年の酷使(兄弟3人分で9年?)と放置で音程が合わず、わざわざ新品を楽器屋で買い求めました。
 赤い財布(我が家の家計用)から買ったので、何度も挫折しそうになるのを、嫁の冷ややかな目にビクビクしながら、意地でやりきりました。
 先に入れた、ギターとボーカルのキーがA♭で運指が難しすぎなので、レコーダーのテープスピードを落として、Gでリコーダーを入れました。
 2本の微妙なボイシングを楽しんでください。

*歌詞カードに3ヶ所ほど間違いを発見しました。もう100枚印刷済みなので、今後も間違ったままで販売します。ご容赦ください。ブログの方は訂正して完璧なはずです。ご参照ください。

3.もう少しだけ(Eギター、ボーカル)
 これも完全に自宅録音です。ボーカルが、録ってみると思ってたより難しく(ということはライブでは自分が思ってるよりうまく歌えてないんか...)、10回くらい歌いました。とりあえず、合格点のテイクがあったので、ストックしておいて、別の日に再チャレンジ。テープが伸びててジ・エンド。収録されたのは、そのストックしたテイクです。間奏明けに電子ノイズが入りますが、マスターテープに入ってしまってます。すんません。

4.狼の好物は迷える子羊(Aギター、スライドギター、マンドリン、コーラス×2、ボーカル、シタール:春さん)
 神を冒涜した歌を、ゴスペル風に! 思いついたのは、リリース前日の9月2日の朝でした。急遽、ゴスペル風のコーラスを二つ入れました。高田渡トリビュートのアイスクリームでやった、一人ステイプル・シンガーズです。これもまた、僕にしかできない、絶妙(微妙?)なボイシングです。予期せぬ、モノラル・ミックスです。

9fdc2468.jpg
800円

ライブ会場とジャズボレコード、通販で販売しています。
通販をご希望の方は、citymusic_cho@yahoo.co.jpに「MY NAME IS...」購入希望と件名にご記入の上、メールください。
再生されない、音飛びがひどいなど、CD?R自体に問題がある場合は交換いたしますので、同じアドレスにメールください。

at 22:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年08月18日

『A Tribute to BRIAN JONES』

df871c6b.jpg
<参加アーティスト&収録曲>
1.ムッシュかまやつ「ブライアン・ジョーンズ」
2.ザ・コレクターズ×小島麻由美「Golden Stone」
3.NORTHERN BRIGHT 「Like A Broken Stone(Yes,I’m Free)」
4.土屋アンナ「My Dear」
5.DMBQ「うまいこといえない」
6.BOO BEE BENZ「メルヘンダイバー」
7.UNDER THE COUNTER「Tonight」
8.チョウ・ヒョンレ「狼の好物は迷える子羊」

AVCF?22939 ?1,890(税込) 


at 18:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0)