2018年09月24日

2回目のヤイリギター訪問記 -4-

一通り、ギターが作られていく過程を見学させていただいた一行は、最初に入った事務所の2階にあるショウルームに案内していただきました。

2階にあがる階段にはヤイリギターを手にした名だたるミュージシャンの写真パネルが飾られていて、中にはジェリー・ガルシアやポール・マッカートニーも居ました。

ショウルームは30畳ほどにフロアに、上下二段にギターが陳列されていました。

(たぶん)ヤイリギターのカタログに載っている全モデルと、廃盤になったモデルや、職人の遊び心が生んだ珍品まで、所狭しと吊り下げられ、ギタリストのおっさん三人は子供のように目を輝かせ、すぐに自分が気になったギターの前に散らばっていきました。

最初に手にしたのは、ボディーのバックが女性の臀部になったギター。樹脂製でひんやりしていましたが、ついついお尻の割れ目に手がいってしまうのは僕だけではないはずです。どんな音かは忘れてしまいました。(笑)
IMG_9784


ガンホは猫型ギターを手にして、嬉しそうにしていました。
IMG_9781


それぞれが色んなギターを弾きましたが、岩城くんは、なぜかギターじゃないもの、ベースやマンドリンなどを率先して弾いてました。ギターも、もちろん僕なんかよりも遙かに上手です。
IMG_9782


その様子は、柳本が撮影して編集してくれた動画をご覧ください。
yairi session

弾いているギターのモデル名も動画に記載してもらいました。
もちろん、どのギターも弾きやすくていい音です。好みと用途に必ず答えてくれるモデルが見つかると思います。
そして、適正価格というかリーズナブルです。
参考になれれば幸いです。

そうこうしているうちに、僕の持ち込んだギターの調整も終わっていました。
松尾さんの手により、問題点もバッチリ解消していただきました。
IMG_9783


最後はナイスガイ満田さんに可児駅まで送っていただきました。
車中で満田さんも関西出身とか、少し打ち解けた話ができたのが印象に残っています。

ヤイリギターの皆様、とくには満田さんのお手を煩わせてしまいましたが、楽しい遠足でした。
本当にありがとうございました。

工場見学はどなたでもしていただけます。土曜日やったかな?ご確認の上、申し込んでみてください。

追記、岐阜の居酒屋で一杯ひっかけて帰りました。なぜか娘は玉ねぎの串カツばっかり食べてました。




master_bay at 19:32│Comments(0) DIALY 

コメントする

名前
 
  絵文字