2018年06月16日

三都物語+

新開地音楽祭、音楽感謝番外編@阿波座マーサ、京都アバンギルド、心斎橋スタンダードブックカフェにお越し頂きありがとうございます。
諸事情で来られなかったけど、念を送っていただいた方も、ありがとうございます。

スチョリがソロに専念してるお陰で、ようやく歌い手として自立しようと思って挑んだライブでした。

過去の遺産へのオマージュ色が強い僕ですが、この声だけは、この声で語る言葉だけはオリジナルなんやなぁーと改めて実感した次第です。

それも、気持ちよく歌わせてくれる、ファウンデーション(ガンホ、トム、岩城くん、ヨッシーさん、ジュンさん、カオリちゃん、花村さん)のお陰です。ありがとう!

ツイッターにも書きましたが、僕がバンドを始めた時の目標は、レジェンドに会いたい!というもので、その手始めに目指したのが春一番でした。もうレジェンドが一堂に会してますからね。

強く思えば叶うもので、高田渡さんや、ムッシュがご存命の時にお会いできた幸運。引き合わせてくださった皆様に感謝しております。
そして、今日は僕に呪いをかけた詩人、松本隆さんに会えた!

日本語の美しさ、繊細さを前面に押し出して、スケッチのように場面を切り取って、さりげなく魅せてくれる流儀。聴き手の想像の余地を残しつつ、風都市に導き入れる手法。これはもう呪いですよ。

まずは同じルールのもとで、同じ視点に立ちたい!と思い、そこから抜け出せなくなることのしんどさたるや。壁が高すぎて。

ライブでも話しましたが、ようやく呪いから抜け出せたかな?と最近思い始めました。壁を越えたのではなくて、挑み続けたことで、壁の切れ間を見つけたみたいな感じ。いや、違うな。壁の手前に自分の居場所を見つけたという方が正しいかな…

こんな話をしたら、いつも思い出すのが、センチの中野さんに言われた「おみゃあらが継いでいかんにゃあならんのだで!」。
重すぎる言葉をポンとなげられたこと。笑

2回目のハイドパークフェスに高田渡トリビュートで一人で出た時に、飲みに誘ってくださった時のこと。

次世代に引き継ぐ方法はわからんのやけど、とにかく続けるしかないよな。

やるで!

野上さんのお言葉のなかで、一番印象に残った、微熱少年の解釈。
高熱は冷めるけど、微熱は長引くのね。
なるほど!

微熱やからいまだに続けてたんか!


master_bay at 01:50│Comments(0) DIALY 

コメントする

名前
 
  絵文字