2016年07月

2016年07月03日

ヒゲロック考

毎度おなじみ、風呂に入りながら、他愛も無いことを考える。
ヒゲロックについて。
ヒゲロックとは?
その範囲と定義は、俺が言いだして、流行らそうとしているので、俺が決めていいだろう。
で、ヒゲロック。言い換えれば、ルーツミュージックプラスロック言うことか。
ならば、ルーツミュージックはヒゲ。
ブルースはヒゲ、ソウルはヒゲ、ゴスペルもヒゲ、フォークもヒゲ、カントリーやブルーグラスもヒゲ。
ロックバンドが、そのルーツミュージックを目指すことで、ヒゲロックになるのか。逆にフォークの人がロックをやるのも、ヒゲロックやね。
そのエッセンスをちょいと取り入れるのは、ヒゲロックと、ちょっと違う気がする。
なぜなら、ヒゲは不器用な男の象徴で、器用にエッセンスを取り入れて、自分の新しい解釈を…みたいなスカしたのはそぐわないから。

とか、そんなことを考えてた。

不器用な男の集まり、ラリーパパはやっぱりヒゲロックなのであーる。


master_bay at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DIALY