2016年05月

2016年05月12日

昼寝

せいしん高校の生徒

どこかの大学?企業の木工部に

木製のコンテナ? 荷物運ぶ箱を作る

小さな工場のなかでスペースいっぱいギリギリの箱を曲芸みたいな技術で巨大な箱を作る

手の届かないところの釘を、カナヅチの代わりに折れた棒をしならせて、反動を、使って釘を打つ。
一発目で釘が板に小さな凹みを作って、それ以降数回的を外すも、一回その凹みを捉えると、そこからは百発百中。

見事なものだ!

しかし、枠に歪みがあるらしく、その見事に釘を打った本人が不満げに要因を探していると、横から福山雅治が、棒の切れ端で今、打ち付けた横木をトントンと叩いて歪みを簡単に直した。

協調性はないが能力はピカイチの福山雅治が、納期に間に合うはずがないと、へそを曲げる

ライバルっぽいやつが、こいつ抜きでも箱を作りたいやつ手を挙げろ!

俺も挙手

他校のやつも二人手をあげてるぞ

レギュラーでもない俺は、空気読めないやつみたいやけど、この技術を習いたいです!と気焰を吐く。

よし、教えてやる!

普通なら完成まで3年かかるが、俺らは13時間しかない!

俺は燃えていた。

昼寝でみた変な夢。



master_bay at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DIALY 

僕とジョンの友達

ジョンの友達

記憶が曖昧になったジョンの友達

友達が一つずつかれの特徴を語ることに

みんなが語り尽くすと、そこには僕以外誰もいなかった。

HMVの店内を見渡すと、そこにはジョンが興奮してたピンクフロイドの特集コーナーばかりか、他の商品まで抜けていた

ジョンの友達は、病院の待合で感じの悪い男を殴り飛ばす

---
店の用事のために早退させてもらったのに、それを忘れてロンドンの有名なクラブに足を運んだ。

そこを出て世界的に名を馳せたバンドがいるので、昼間は観光地みたいになっているが、夜には現役でライブを行っている。

キャパは50くらいだが、採算を度外視して、僕らもいつかここでやりたい!と頭の中で英語に変換して言おうとしたが、変換の途中でタイミングを逃したのがわかったので言うのをやめて店を出た。
大阪から親が遊びに来るので迎えに行かなくては。
町の中心部に向かっている最中、来るのが今日ではなかったのでは?と自信がなくなってきた。
そもそも俺は、なんで仕事を抜けてきたのか…
ん?!会社の用事やった!
店に戻って、店長に素直に怒られよう…
店があるオフィスビルに入った。
一階にある病院で受診しよう…
待合に入ると男性の看護師に、それは困ります。何か着てくださいと言われた。
俺は裸だった。
どこで脱いだのか、なぜ裸なのか、困惑していると、健康診断で着る服を与えられた。
待合にいる人達の視線の中でそれを着た。
自分の記憶がおかしいのを診てもらおう。そう、そのために病院に来たのだった。
待合にいた一人の男が僕をからかったので、ボコボコに殴ってやった。
何発か殴られたがダメージはなかった。
待合にいた女性たちは、僕の味方だった。
HMVがピンクフロイドをプッシュするコーナーを作っていることを喜んでいたジョンの友達は、記憶が曖昧になっていたので、仲間が集まって彼との思い出を彼に話して聞かせた。
HMVで車座になって、一人ずつ話した。
みんなが話し終えた途端、ジョンの友達も、その友達たちも、みんな消えて僕だけが居た。
記憶が曖昧なジョンの友達も、その友達たちも、それは記憶が曖昧な僕の記憶の中の人物だったのか。
HMVの店内に、ピンクフロイドコーナーはなかった。
けど、そこには代わりに他の商品が並んでいるのではなく、空白になっていた。
ということは、ここには何かあったのか?
記憶の中の出来事ではなかったのか?

この夢は面白い!
と夢の中で気づき、何とか起きてメモを残したい!
意識が体を起こそうとして、体が震えているのがわかる。隣で寝ている息子が気づいて気味悪がりはしないか気になるが、それよりも起きてメモを残したい。
起きて枕元の携帯にメモを残した…
夢を見る。
騙されないぞ!起きろ体!体は痙攣する…
やっとの思いでメモを残した。

前半はその時のメモ。
後半は内容を思い出しながら、読みやすくしたもの。


master_bay at 04:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DIALY 

2016年05月11日

死んで生まれ変わるまで

ラリーパパのみんなで飲んでいた。
僕は途中から参加して、すぐにお開きになった。
マネージャーのあっちゃんが、乗り合わせて来た車を駐車場から出すから、ひとり5300円ずつ出してって言うていた。
日曜やったら、都会では駐車場代がこんなにもするんや!とビックリした。
途中から参加した俺はええやんな?
持ち合わせでは足りない。
もちろん!との返事に小躍りする間もなく、
でも、飲み代はください。言われて払った。
所持金は千円二枚と小銭やった。
1900円ほど払った。
飲んでるとき、夢の話をしてた。
在日に関する夢やった。

お開きになって難波をテクテク歩いていると、メンバーが他人になっていた。
いつの間にか他人と帰っていた。
なんばCITYと高島屋の出来損ないみたいな所の出口付近で、おねえちゃんのいっぱいいる所にい た。
おねえちゃん達は中国人やった。
中国語話せませんって中国語いうたら、中国語うまいやんかー!みたいなんで盛り上がった。
居心地よくて、化粧品売り場のお姉ちゃんらみたいなのの輪の中で、彼女らの会話を聞くともなしに聞いていた。下着の話になっていた。今日なにつけてる?みたいな会話。
ひとり目がユニクロの上下お揃い。
まぁあり得るな。上下お揃いやから許すと心の中で頷いた。
二人目、私つけてない。
女達がふざけて下着を付けてない子の服を脱がそうとする。
みたらあかん思いながらチラチラみてたら、おっぱいがみえた。
僕が見てるのを知ってる女達の悪ふざけがエスカレートした。
いたずらは僕に飛び火して、女達が僕の体を触ったりしだした。
もう好きにしてくれーと体を任せて快楽を貪っていると、急に意識が飛んだ。
寝入る瞬間を認識する時と同じで、ズボボボいう耳鳴りがして。
完全な闇、無の空間に居た。
次の瞬間には広いお寺の講堂みたいなところに。
果てしなく続きそうな広さ。
広過ぎて、隅の方が闇になっている。
全体的に薄暗い。
掃除してる人がいた。
生気のない感じやった。
俺と同じように客みたいな人間がちらほら。
みんな勝手がわからないのか、うろうろしていた。
マッサージ受け付け
食事受け付け
キヨスクみたいな作りの建物に看板が立っていた。
明るい一角があったので、角を曲がって向かった。

チケット売り場みたいなのがあった。
郵便局みたいな長いカウンターの向こう側には、職員が数人、デスクワークをしていた。
そこはギャンブル場やった。
説明してもらおうと20代後半くらいの元気のいいハキハキした女の子に尋ねた。
ここは生まれ変わる前に最後のギャンブルをするところです。
あ、俺死んだんや。 
うすうす感じていたけど、ここは死んで生まれ変わるまでの経由地なのか。
ギャンブルの説明を聞いた。
従業員の方を向いたテレビにコマーシャルが流れてた。人生最後のギャンブルは当選確率が高い!…そう言えば最近頻繁に流れるようになったな、このコマーシャル。
ギャンブルは競艇、競輪やった。
外れる確率は万に一つらしい。
競馬は?って聞いたらありますよと。
クリアファイルをパラパラしてると、競輪、競艇が続いて後ろの方に競馬が。
ところで、俺今お金ないけど?言うと、大丈夫です、生前の資産10万円あります。そや、10万にあったわ。

10万のうち幾ら賭けよう?とか、元気のいいこの女性に聞こう…
その前に、その女性の隣にいたお局っぽいおばちゃんに気になっていたことを聞いた。

勝ったお金は生まれ変わったとき持ち込めるんよね?はい
このあたりから、家族ともう会えないんか…と寂しくなる
生まれ変わったら…何歳から次の人生が始まるの?あ、2歳やったね、コマーシャルで知ってるわ。
ところで、死因はなんやったん?
交通事故とかやったら、家族も一時は悲しいやろうけど、立ち直ってくれるやろ、まぁもう俺にはどうしようもないし…
老衰です。
え?!
まぁ若い人の老衰が流行ってるって生前のCMでもあったし。
子供たちの虫歯の原因もあなたの菌がうつったからですと言われた瞬間、子供達に会いたい!と猛烈思った。と同時に、死の淵からも夢からも醒めた。


master_bay at 03:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DIALY 

2016年05月08日

抱いてほしいの…いますぐ…

「抱いてほしいの…いますぐ…」
見知らぬアドレスから、メールがあった。
その方面のサイトからの勧誘メールかと思ったが、発信者のアドレスがまともやし、よく来るやつとは違う感じがした。
しゃーないなぁー誰や?俺に抱かれたい奴は…
とはならない。
さすがに四十歳ともなれば、脳みそと下半身はいくらか切り離されてるし、ひとの親でもあるので慎重になる。
が、どんな奴が何の目的で俺を陥れようとしているのか、気になる!
返信した。

「えらい熱烈ですけど、どなたさんですか?」

「〇〇です。抱いてください!」

(〇〇?!…)昔に付き合ってた女の子のフルネームやった。
けど、その子は、万が一急に思い出して俺に抱かれたいと思っても、こんな言い方はせん!
ていうか、ほとんどの女の子が、こんな誘い方はせんやろ。
おかしい…

本人しか知らない質問をしてみた。

初めて僕にくれたプレゼント覚えてる?
不正解

さらにもう一問…
不正解

お前本人ちゃうやろ!成りすまし確定じゃボケ!誰や!とメールした。

すみません、この度〇〇と付き合うことになった者です。携帯にアドレスがあったので、メールしました。
よかったら〇〇とどんな関係なのか教えてもらえませんか?と返事が来た。

初めから普通に聞いてきたらええようなもんの、何てコスい手を使うヤツやねん!当たり前で素直に教える気なんかありません。

なんでお前みたいなコスい手を使うヤツに無条件で教えなあかんねん。アホボケカス…とか入力してるうちに心配なってきた…
〇〇ちゃん、変なストーカーみたいなヤツに監禁されてるんちゃうやろか?と。
うかつに挑発しすぎて、〇〇ちゃんに何かあったらあかんしなぁ〜

教えてやってもええけど、条件がある!と返信した。

どんな条件ですか?

本人と連絡させ!と入力してる最中、相手の人物像を想像した。文面や手口や動機からすると、若い男やろ。年上の女性に入れあげて、相手のすべてを知り尽くした上で安心したいと思ったのか…
どんなやつか知らんけど、平和的に付き合うことになったのなら、〇〇ちゃんはこの男を選んだんか…

本心から言うと、こんな男と付き合うのは、絶対にやめた方がいい。けど、〇〇ちゃんが付き合うことにしたのなら、ここは、〇〇ちゃんと、この成りすまし野郎がうまくいくように、したらんとあかんのかな?いう気になってきた。

文面も相当柔らかくした。

自分な、このやり方はあかんで。
ハッキリ言うて〇〇ちゃんが心配や。
けど、付き合ういうことは〇〇ちゃんも承諾したいうことか。
あのな、俺との関係を教えてやる代わりに、〇〇ちゃんからメールさせ。
俺と〇〇ちゃんは…云々

やっぱり〇〇ちゃんからのメールは半年後でええわ。

わかったな!

送信…

それに対する返事は…数週間経ったけど、いまだにない。

関係聞いたらそれで気ぃ済んだんか。
それとも案外関係が薄くてヤキモチの対象外やったのか。

〇〇ちゃんが心配や。幸せになってください。




master_bay at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)